クリックすると大きな写真がご覧いただけます。

姫守り
  女性の願掛け神社としても、古くから信仰されてきた赤城神社。
ここに伝わる「姫守」。女性の願いを叶え、お護りくださる御守りです。
(他にも数種類の絵柄がございます。)
春柄

平成31年2月頒布始め。
夏柄

令和1年5月頒布始め。
秋柄

令和1年8月頒布始め。
冬柄

令和1年11月頒布始め。
子授け守
赤城大明神のお遣いの鴨が、人々を幸福に導くために「小鳥ヶ島」に姿を変え、この地に鎮まる赤城神社を参ると幸福になると伝えられています。

この御守りは、夫婦鴨をかたどり、何物にも勝る子宝に恵まれ「幸福」になれますようにと祈願されています。
安産美人祈願
  赤城姫の伝説にちなんだ、美しい心と姿をそなえた子供が生まれますように。

新しい折柄が加わりました。
子育て守
すくすくと丈夫に育ちますように。
願い叶う守り
赤城山の満天の星空に願いをたくす。
四季御守
風光明媚な赤城山。神社周辺の景色を織り込みました。春夏秋冬、お守りの表裏に 別の景色が織られています。
登山御守
登山・旅の道中が安全で、いつまでも丈夫でいられますように。
御縁御守
恋愛の縁だけでなく、お友達との御縁、仕事での御縁など、すべての幸せの御縁を結びます。
殿方御守
仕事成就御守
御遷座1200年祭を記念して作られた御守
金運招福御守
御朱印帳

織込柄表紙
(サイズ12.4cm×18.4cm)

織込柄表紙黄金色
(サイズ12.4cm×18.4cm)

十二単赤城姫織込み柄
(サイズ12.4cm×18.4cm)

秋季限定赤城姫織込み柄
(サイズ12.4p×18.4p)



8月より頒布始め 限定数をもって終了となります。
※ 他にも赤城神社でしか受けられない御守りが御座います。 ご参拝の際は授与所にもお立寄り下さい。

表紙へ戻る