夏祭り 平成28年8月6日(8月の第一土曜日)

赤城神社夏祭り式典 午前10:00
弓術の奉納神事 午後 1:30 より
午後 2:30 終了予定

小笠原流弓馬術礼法宗家と門人方による弓術の奉納が、赤城神社境内で執り行われます。



 小笠原流は、たいへん古い歴史を持つ日本を代表する武道礼法です。

初代、長清は源氏の家系にして、小笠原姓は高倉帝より賜り、その子長経をはじめ、一門は幕府師範を勤め、朝廷にも仕へた名家でもあります。

江戸時代には、徳川家康公に将軍家師範として招かれ、歴代将軍に仕へ、武士道精神の高揚と、武道の普及に力を尽くして参りました。

赤城神社の御祭神の、おひと方である徳川家康公と、大変にご縁ある小笠原流。
その三十一世御宗家と門人方をお迎えし、弓術の御奉納をいただきます。

弓馬術礼法小笠原教場 http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/ 

夜には灯篭流し、フィナーレ花火が打ち上げられます。
神住む山・赤城山の頂、涼空と湖面を彩る真夏の祭典にお出かけください。



















平成28年8月7日(日曜日)

川越藩火縄銃鉄砲隊保存会 奉納演武・武者行列 午後2時


湖水祭 8月8日 午前11:00〜

また、8日は赤城神社「湖水祭」が行われます。
湖の神様に感謝し、ますますの御加護を願います。

この日は、女性の願掛け日とされ、その願いは必ず叶えられると伝えられております。